お知らせ

本能寺の変と森孫右衛門

本能寺の変での、明智光秀の動きは戦国時代の謎の一つですが、築地市場のご先祖さまともいえる森孫右衛門も不思議な動きを見せています。中沢新一先生

続きを読む

大阪城と森孫右衛門

大阪城に魚介を納入する漁民としては、端しっこの地位にいた森孫右衛門ですが、徳川家康の家臣である安藤対馬守(つしまのかみ)がこの事に目をつけ、

続きを読む

築地魚市場のご先祖さま

中沢新一先生です。「日本橋魚河岸ひいては築地魚市場の発祥は、冬と夏の二度にわたる大坂の陣にまでさかのぼる。その頃、大坂湾口の漁村の、あまり目

続きを読む

魚介は、貨幣である

一向宗が石山本願寺から撤退した後に、豊臣秀吉が大阪城に入ります。役人は、城の台所に新鮮な魚介類を収める仕組みを作るように、魚河岸の有力者に命

続きを読む

親鸞上人と魚河岸

中沢新一先生です。「親鸞は、動物や人の殺生を生業とする人々にも、阿弥陀如来の救いがあることを説いた。いやむしろ、殺生をなりわいとすることで、

続きを読む

本願寺と魚河岸

中沢新一先生です。「私の思うに、本願寺北の坂下に集まって、川魚の市場を開いていた商人の多くは、もともとが一向宗の門徒だったのではないだろうか

続きを読む