お知らせ

2018年09月

森一族VS大和屋助五郎(その3)

森一族が展開した流通システムは、日本人の伝統の知恵というものが生かされているように思います。中沢新一先生です。「森一族の問屋たちは、何段階も

続きを読む

森一族VS大和屋助五郎(その1)

大消費時代をむかえた江戸の元禄期に、森一族と大和屋助五郎の闘いが始まります。現代の大手流通と、昔ながらの卸売市場法にもとずく中小企業による流

続きを読む

鯛の時代に

元禄の大消費時代になると、鯛が高級魚の地位を占めていきます。中沢新一先生です。「白魚は、幕府草創期の理想を象徴しているような、気高い魚であっ

続きを読む

大和屋助五郎の登場(その2)

大和屋助五郎は、「活鯛」(いけたい)という新しい技術を開発して、日本橋魚河岸に進出してきます。中沢新一先生です。「江戸城に白魚を納めて、羽振

続きを読む