お知らせ

2018年03月

魚介は、貨幣である

一向宗が石山本願寺から撤退した後に、豊臣秀吉が大阪城に入ります。役人は、城の台所に新鮮な魚介類を収める仕組みを作るように、魚河岸の有力者に命

続きを読む

親鸞上人と魚河岸

中沢新一先生です。「親鸞は、動物や人の殺生を生業とする人々にも、阿弥陀如来の救いがあることを説いた。いやむしろ、殺生をなりわいとすることで、

続きを読む

本願寺と魚河岸

中沢新一先生です。「私の思うに、本願寺北の坂下に集まって、川魚の市場を開いていた商人の多くは、もともとが一向宗の門徒だったのではないだろうか

続きを読む

石山合戦

石山本願寺は、信長によって1574年の長島の一向一揆を潰され、1575年の越前の一向一揆も潰されるなどして、次第に追い詰められていきます。さ

続きを読む

石山本願寺と織田信長

石山本願寺の財力に目をつけたのが、織田信長です。信長は上洛後の1570年に石山本願寺の明け渡しを要求します。これに対し石山本願寺は、全国の門

続きを読む

石山本願寺の富

石山本願寺は、1533年に本願寺教団の総本山となって以後発展し、宗教集団のみならず、戦国の一大勢力となっていきます。石山本願寺は、「石山本願

続きを読む

石山本願寺

石山本願寺の建てられた場所は、かつて古墳があったと伝えられ、さらに古くは、神のたつ磐座(いわくら)のあった信仰の場所とも伝えられています。石

続きを読む

大阪の魚河岸

戦国時代後期の大阪で、日本の魚河岸文化の原型がつくられていきます。中沢新一先生です。「一向宗の蓮如が、大坂上町大地の北端に石山本願寺を開いた

続きを読む

王権と自然

中沢新一先生です。「日本の文化と政治では伝統的に、自然と文化を二つに分割するという、西洋的な考えはとられなかった。自然と文化は相即相入で、お

続きを読む

築地魂の誕生

漁民である今宮供御人は、祇園社(八坂神社)の神人でもあります。祇園社では祭礼の日に、四条河原に浮橋をかけて、神輿や見物客を向こう岸に渡すこと

続きを読む