お知らせ

第六回線専門者会議について

6月12日の築地は負の遺産さん、ご意見ありがとうございました。第六回専門者会議については、見苦しい面もあったかもしれませんが、私達は必死でした。あれだけ専門者会議が揉めてしまうのは、会の位置付けにも問題があります。東京都は専門者会議を合意形成の場としています。しかし、専門的な知識がない我々にとっては、「こういう対策を取りました。それでいいですか?」と言われても反論は出来ません。何も言わなければ、東京都もマスコミも仲卸しは納得した。あるいは説得出来た。ということになってしまいます。せめて、専門者会議は専門家による豊洲移転の土壌汚染の説明会として、豊洲移転に関しては東京都と仲卸しで話し合う場を作るべきだったと思います。仲卸しの発言の場は、専門者会議しかなかったのですから。それでも、至らない点はあったと思いますが、それは私達の責任です。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami