お知らせ

築地市場の建築

築地市場の特徴は、大きく言って3つあります。1つ目は建値市場の役割、2つ目は仲卸しが現在でも活きている事、3つ目は建築です。DOCOMOMO の兼松先生によれば、市場でありながら建築として優れているのは珍しいそうです。

DOCOMOMO とは、20世紀の重要な潮流であったモダンムーブメントの歴史的、文化的重要性を認識し、その成果を記録しさらに現存建物の保存を訴える団体です。築地市場はDOCOMOMO により日本の近代建築100選に選ばれています。この100選にはコルビジェの国立西洋美術館や丹下健三の国立代々木競技場、東京タワー、かつて青山にあった同潤会アパート等があります。近現代建築の特徴は、過度の装飾を排して人間の身体感覚にあった建物というところでしょうか?

兼松先生に聞いた所、東京駅の赤レンガの建物等は近現代建築に入らないそうで、そこら辺の違いはよく解りませんでした。(笑)

この当時の建物と比べて現代の建物の方が優れているのは、空調等の設備で、1930年代の近現代建築の方が人間の生理にあう建物を作っているそうです。

築地市場が、日本の名建築と共にDOCOMOMO の100選に選ばれたのは光栄な事です。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami