お知らせ

都市は、築地市場を愛する

今日は、建築家の今川憲英先生と、入江経一先生による「築地市場 建築で描かれた近代合理主義の詩」、「1930年代合理主義の遺産」という、築地市場を再生させる意義を、建築家の立場からの視点でお話頂きました。

1930年代という、建築に機能性を導入する世界的な試みの貴重な遺産であり、太平洋戦争で奇跡的に爆撃を逃れて、戦後の復興の歴史遺産でもある築地市場はそれだけでも、文化遺産の価値があります。

しかし、築地市場の最大の魅力は、活気ある人々の交流の場だったことにあるのではないでしょうか。都市に活力をあたえる築地の再生。それこそが今、求められている事だと思います。

今川憲英先生、入江経一先生、本日は、ありがとうございました。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami