お知らせ

白熱、本日第6回専門家会議が開かれました。

本日の専門家会議は、東京都が移転の条件として出した無害化案の是非を問う仲卸しと、現状の豊洲市場の問題にこだわる平田座長の間で、議論が噛み合わず途中で中止となりました。仲卸しの立場から言えば、人と人との約束事は商売の基本ですし、これを反古にしてきたならば、築地市場の80年の信頼などなかった事でしょう。

科学的な知識は、確かに軽視してはいけない問題ですが、それだけで社会が動いているわけではありません。人の信頼を得る事や、人に納得してもらう事は、どうすれば良いのか?これは、現在の科学では証明出来ない問題です。

では、人類何千年の歴史で人と人の信頼などなかったのでしょうか?そんな事はなかったはずです。科学がなくても信頼は存在しています。勿論、現在の科学の成果を無視する事は、愚かな事です。しかし、科学で分かっているのは社会の一部です。その一部で全て押し切ろうというのは、どだい無理な話です。科学など存在しなかった昔の人達が、どうやって人と人の信頼を作って来たのか?歴史の知恵を学ぶべきだと思います。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami