お知らせ

川田龍平さんの、卸売市場法改正に反対する見解です。

「卸売市場は、日々の生鮮食料品など流通を担うだけでなく、災害時等の緊急事態の場合には生鮮食料等を安定的に供給するという重要な社会的機能を有しています。公設市場であれば、公的主体がその役割に責任を持って果たしていくことが期待できますが、法改正後は民営市場の開設が可能であり、取引ルールは開設者が設定でき、さらには、認定外の民営市場も食品流通市場において存在感を増していることも考えられるため、緊急事態において卸売市場に期待される役割と機能が必ず確保されるとは言えません。」

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami