お知らせ

今だけ、金だけ、自分だけの阿倍内閣に対峙する、川田龍平さんの卸売市場法改正に反対する見解です。

「元々の卸売市場法は、差別的取り扱いの禁止、受託拒否の禁止、第三者販売の禁止、直荷引きの禁止などの取引規制により、生産者側に立つ卸売業者と

小売側に立つ仲卸業者の対峙構造を形作り、維持してきました。この対峙構造こそ、公平公正な価格形成を実現する基本的な枠組みであり、受給バランスの中で品質が適切に評価されることを可能としているものです。

規制が緩和された中で開設者が利益優先の市場運営を行うことにより、現在でも経営の厳しい仲卸業者が撤退や弱体化することになれば、この対峙構造が失われ、卸売市場が公共的な役割を果たせなくなることが懸念されます。これを防止するには、できるだけ市場関係者の意見を聞いて取引ルールを決めることが必要ですが、卸売市場法改正では、現行法にある中央卸売市場開設運営協議会や市場取引委員会の規定が削除されてしまっています。」

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami