お知らせ

今だけ、金だけ、自分だけの阿倍内閣に対峙する川田龍平さんの卸売市場法改正についての見解です。

「農林水産省の認定外の、卸売市場に大資本企業が参入すれば、大型量販店と結託して地域の食品流通を支配し、さらには公設市場も食品の流通を奪われて撤退するおそれがあります。そういうことになれば、行く行くは卸売市場法そのものの廃止に繋がるのではないかと懸念されてなりません。未来投資会議の議論に参加したことのある大学教授は、卸売市場法そのものを廃止して食品流通法のようなものを作った方がいいと述べており、決して私の杞憂とは言えない状況です。」

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami