お知らせ

今だけ、金だけ、自分だけの阿倍内閣の理念に対峙する、川田龍平さんの見解です。

「阿部内閣において成長産業化の名の下に進められてきた農政改革は、本来であれば、農林水産省に置かれた審議会において、生産や流通の現場関係者、地方公共団体、学識経験者など、現状と課題に精通した実務家や専門家が参加して検討を行うべきです。

ところが、審議会は軽視され、卸売市場法改正も、規制改革推進会議などが中心になって、官邸主導の形で取りまとめが行われました。本法案は、法律の最も基本となる目的規定に矛盾を抱えているだけでなく、現場の実態把握も不十分なまま、官邸主導の問題あるプロセスで検討が行われ、立案されています。さらには、政府は、審議の課程において、ごまかしの答弁と言われても仕方のないようないいかげんな説明も行っています。

本法案はとても審議に値するものではなく、賛否以前に、廃案にして立案からやり直さなければならないものです。」

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami