お知らせ

川田龍平さん、ありがとうございました。

8月25日(土曜)に、かつて薬害エイズ問題で国と闘い、現在は参議院で活躍されている川田龍平さんが築地市場にいらっしゃいました。そして卸売市場法改正問題について、御意見をいただきました。ありがとうございました。

川田龍平さんの見解です。

「そもそも、卸売市場法改正は何のために提出をされ、審議されるのでしょうか。それは、社会経済の変化により現行制度では対応しきれない、あるいは新たな課題が生じたことに対応するための制度整備を行うためです。

ところが、今国会では、行政において、法案の根拠となるデータの捏造、公文書の改ざんや隠ぺいなど、様々な問題が明らかになりました。財務省、防衛省、厚生労働省だけではありません。農林水産省も、森林経営管理法案について、衆議院での可決後、参議院での審議に入る前に、法案説明資料を書き換えるという事態がありました。

内閣が提出した法案については、行政が作成した資料を基に改正内容の当否を議論することになりますが、その前提が損なわれてしまっています。この深刻な事態には与野党関係なく真剣に対処し、正常な状態で法案審議が行われる環境を取り戻し、国民の信頼を回復するように取り組まなければなりません。」

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami