お知らせ

水神様と飯豊皇女(その4)

雄略天皇の子である清寧天皇は、幼児の時から白髪だと言うほど虚弱であったため、雄略天皇の次の皇位の継承権をめぐり、大和宮廷での勢力争いが再び始まろうとしていました。

その時、勢力争いを終わらせて救世主のように現れたのが、越後に身を隠していた飯豊皇女でした。皇位の正統な継承者である市部押歯皇子の双子の息子、オケとヲケを連れての登場でした。

このことが、大和宮廷の勢力争いを終わらせて、大和から日の本、つまり日本の統一へと向かわせるきっかけとなりました。

オケとヲケの双子が幼かった頃は、飯豊皇女自ら皇位に就いていたので、日本初の女性天皇でもありました。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami