お知らせ

豊洲市場のコールドチェーン化の問題

コールドチェーンとは、製造現場から消費者の元まで冷温状態を保つことを意味しますが、豊洲の構造上、トラックの搬入は車両後部をドッキングさせる形でおこなわれることになります。

しかし、現実的には迅速な荷下ろしと、仕分けの早さのためには、車体横のウィング部分からの積み降ろしが不可欠です。結果として駐車スペースを活用してフォークリフトでの搬入が避けられないでしょう。そうなると、築地市場と条件は変わらなくなります。加えて、豊洲市場の設定温度は、20℃以上になっているので、食品衛生においては関係のない温度です。食品衛生を言うのならば、7℃以下に保たなければ、食中毒をおこす細菌の繁殖を抑えることはできません。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami