お知らせ

文藝春秋7月号で、小池百合子氏の隠された過去が明るみに。

文藝春秋7月号の、石井妙子氏による、「小池百合子「虚飾の履歴書」」において、衝撃の内容が明かされています。

小池百合子氏が、世にでるきっかけとなった、「世界有数の名門校カイロ大学を首席で卒業」。才色兼備と言われる彼女の代名詞であり、このキャッチコピーをもとにテレビのニュースキャスターとなり、後に政界に進出し、現在は都知事にまで登り詰めています。

石井妙子さんの調査により、この小池百合子氏の出世の土台が崩されようとしています。本書は、カイロ時代に小池氏と最も親しかった女性(仮称中川さん)のインタビュウーと当時の日記をもとに構成されています。嘘に嘘を塗り重ねてきた小池百合子氏の実像は、現在のマスコミの実像と同じです。真実が金や権力で買える時代に、真実を語ることに意味があるのか、石井妙子さんの記事は今の日本の大きな試金石となるでしょう。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami