お知らせ

田蓑神社へ

先日、ゴールデンウィークを利用して、大坂の佃島の田蓑神社に参拝にいってきました。月島の佃島は、大坂が元祖です。摂津の漁師であった、森孫右衛門(もりまごえもん)が江戸に地名と共に移住してきました。月島にある住吉神社は、大坂の田蓑神社がもとになっています。

今回は、大阪城、難波の宮、大坂歴史博物館を見学後、(三ヵ所はすぐ近くです。)中央通りを西に進み、新なんば通りを北上して、橋を2つほどこえた所に田蓑神社はあります。大坂市内は渋滞もなく大阪城から20分ほどで着きました。以外と近かったです。首都高速が事故で渋滞だったので下から行って正解でした。

現在の田蓑神社は、佃島の北の住宅街の中にある普通の神社です。参拝客は一人もなく、静かに参拝をすることができました。前回いった時と同様、黒と白の猫が一匹、出迎えてくれました。田蓑神社にいった時はこの猫にしか会えていないので、この猫には感謝してます。(笑)

 

 

 

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami