お知らせ

遺伝子組み換え食物からいのちと健康を守ろう

米や麦、大豆などの主要穀物は、私たちの生命を支えるために最も重要なものです。

そのため、地域の気候や土壌にあった安全な穀物を生産して、安定的に供給することは国として当たり前の責任です。

日本には、これまで都道府県の農業試験場などで穀物の種子を開発して、育て、供給するための「主要農作物種子法」という法律がありました。ところが政府はこれを廃止して公的責任を放棄しようとしています。

さらに「農業競争力強化支援法」によって、知的財産である種子のデータを多国籍企業へも提供しようとしています。

世界中の種子は、いまやモンサント社などごく少数の巨大な多国籍企業が握っています。その種子の多くがF1と言われるもので、種の自家摂取ができず、毎年種子を買うことになります。さらに大豆やトウモロコシ、綿花、ジャガイモなどの多くは遺伝子組み換えですが、安全性が本当に確保されているのか疑問です。

日本でも既に大豆やトウモロコシなど、大量の遺伝子組み換え作物を輸入していますが、「できれば食べたくない」「遺伝子組み換えが使われているかどうか、しっかり表示してほしい」というのが消費者の率直な願いです。

また、種子情報が多国籍企業に占有されれば、価格が高くなることも指摘されています。こうした種子の占有による「食料支配」と、いのちと健康を守ることは相容れません。対抗するためには、日本の種子と地域の農業を守ることが必要です。

 

 

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami