お知らせ

いま、危ない!私たちの食料(その2)

全国食健連さん、からのお知らせです。

また下がった!食料自給率·········向上させるのが国の責任です。

日本の食料自給率が38%とまた下がりました。これは、米·パニック(米·の大凶作)となった1993年の37%に次ぐ史上2番目の低さです。

食料自給率低下の原因について、政府は「米·の需要減に加え、北海道での大雨による畑作物の不作の影響」としていますが、本当は貿易自由化のもとで農作物の市場開放を進める一方、戸別所得補償などの農業の下支え制度を解体して、家庭的·地域農業をつぶしてきた結果です。ちょっとした天候異変でパニックが起こりかねない状況に置かれていることを物語っています。

このままでは、政府目標である食料自給率45%など遠く及びません。国内の食料安全保障を考えても、家族的·地域農業を大事にする農業政策への転換が求められています。

  ❮世界の食料自給率❯

アメリカ·····················130%

フランス·····················127%

ドイツ·························95%

イギリス·····················63%

日本·····························38%

 

 

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami