お知らせ

日本の種子(たね)を守ろう!大切な種子法を取り戻そう!

全国食健連さん、からのお知らせです。

これまで日本の種子(米·大豆·麦)は、国と各都道府県が責任を持ち、各地の気候·風土に合った品種の維持·開発が行われてきました。しかし政府与党は、そうした種子の生産を位置付ける法律「主要農作物種子法」を先の通常国会で廃止してしまいました。

この種子法の廃止は、遺伝子組み換え種子などを開発し推進するグローバル企業などの要望に応えたもので、このままでは長期的には日本の種子市場が支配され、多国籍企業が開発する遺伝子組み換え種子しか選べなくなる可能性が指摘されています。

私たちは、国民の主食である米·麦·大豆の種子を守るために「主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律」を求める運動に取り組んでいます。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami