お知らせ

明日、朝日新聞東京本社にて、「専門家と市民による豊洲会議」が開催されます。

2018年5月19日(土)、朝日新聞東京本社にて、専門家と市民による豊洲会議が開催されます。

~安全·安心な新市場の実現のため、SDGs(持続可能目標)の目線から考える。

「汚染封じ込めで地質汚染は大丈夫か!?」

東京都による専門者会議では、安全とされている豊洲市場ですが、これに異を唱える専門家は多数います。今回は、楡井 久さん、水谷和子さん、藤原寿知さんが立ち上がってくださいました。今、移転問題において、新しい動きが始まっています。是非、一人でも多くの方に参加してご自身で、移転問題で問われていることの本質とは何なのか?を感じていただきたいです。

会場、朝日新聞東京本社 2階 読者ホール

参加費、500円

開場受付、13時30分

開会、  14時00分

閉会、  16時30分

連絡先、080-4868-7388  藤原  Eーmail QZG07170@nifty.com

  ❮登壇者プロフィール❯

楡井 久さん   地質汚染診断士、地層液流動化診断士、理学博士、NPO法人日本地質汚染審査機構理事長。

水谷和子さん   一級建築士

藤原寿和さん   化学物質問題市民研究会

寺西俊一さん   一橋大学名誉教授·日本環境会議理事長

石井徹さん    朝日新聞社編集委員

20180519 豊洲会議ちらし .jpg

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami