お知らせ

鯛の時代に

元禄の大消費時代になると、鯛が高級魚の地位を占めていきます。

中沢新一先生です。

「白魚は、幕府草創期の理想を象徴しているような、気高い魚であったが、なにせ見てくれが地味なので、元禄の大消費時代に入ると、あまり珍重されなくなる。それにかわって浮上してきたのが、派手やかな容姿をした鯛であった。鯛は高級魚として、大枚で売買された。

その鯛を生きたまま、大消費地江戸に運んできたのが、知恵者の大和屋助五郎である。助五郎は駿河湾沿いの漁村に契約を結んで、生きた鯛を大量に網取りさせた。その鯛を「幕府御用」ののぼり旗を立てた活船の生簀に泳がせたまま、魚河岸まで運んでくるのである。

こうして助五郎が江戸に運び込んだ活鯛は、当時の消費ブームにのって、爆発的に売れた。幕府も大和屋を活鯛納入業者の筆頭にすえ、おおいに儲けさせた。その頃、魚河岸には三軒の活鯛業者がいたが、お城の御用といえば、ほぼ大和屋の独占状態となった。これには、ほかの魚商人たち、とりわけ佃島の森一族系の問屋が反発した。

魚河岸では、森一族と大和屋一派の抗争が発生し、双方が得物を手にした出入りまで起こるようになった。そのたびに、お上からは大和屋に有利な裁定が下された。しだいに大和屋助五郎は、驕り高ぶりを見せるようになる。」

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami