お知らせ

問屋という制度

白魚御用係として、江戸城のバックボーンを手にした森孫右衛門でしたが、江戸の町の発展とともに、問屋という制度を発展させていきます。

中沢新一先生です。

「問屋の制度は、江戸時代になって、急速に発達する経営方式である。魚商人の問屋の場合、それぞれの問屋は、房総、小田原、伊豆などにある各地の漁場と独占契約を結んだ。問屋は、漁場で水揚げされる海産物を現金で買い入れ、「旅人」という仲介業の力をかりて、江戸の魚河岸まで船や飛脚で運び、そこでセリにかける。地方の漁師は、問屋を通さずに、じかに小売商人に売ることはできないきまりになっていた。

草創期の問屋は、「仲買」も兼ねていた。魚介類を漁村から集積してくるのが問屋の役目であるが、初期にはこの問屋が、セリの売買にも参加していたのである。ところが消費量の増大とともに、問屋だけではとうていさばききれなくなったので、売買を専門にする「請下」(うけした)という新しいタイプの問屋を発生させた。ここからのちの仲卸業者が生まれた。」

 

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami