お知らせ

石山本願寺

石山本願寺の建てられた場所は、かつて古墳があったと伝えられ、さらに古くは、神のたつ磐座(いわくら)のあった信仰の場所とも伝えられています。

石山本願寺は、淀川と大和川の合流地点で、瀬戸内海から来る船の水運の拠点で、また住吉·堺や和泉·紀伊と京都·山陽方面をつなぐ陸上交通の要地でもありました。この地は「小阪」と呼ばれていて、それが後の「大坂」の地名に繋がっていきます。豊臣秀吉が天下をとった後に大坂城を築いたのも、この場所でした。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami