お知らせ

牛頭天王

牛頭神とは、どういう神様なのでしょうか、中沢新一先生です。

「インドの先住民文化(ドラヴィタ族)では、馬頭や牛頭をいただく半神半獣の神々が、部族神として祀られていた。この神々は、病気や邪気を撃退する強力な力をもっている。しかしその扱いに失敗すると、こんどは強力な悪神に変貌して、人間に災いをなす。日本の牛頭神をめぐる伝承をみるかぎり、外貌も信仰の内容も、この南インドの神々とそっくりである。」

国語学者の大野晋氏は、南インドのドラヴィタ族の言語と文化が、弥生文化と繋がりがあるという説を出しています。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami