お知らせ

追加対策工事の地下水位コントロールは(ほぼ)不可能

一級建築士の水谷さんによれば、東京都の追加対策工事の地下水位コントロールに関しての工事は、前倒しで実施したため7割から8割はすでに終わっているそうです。

そこではっきりと分かったことは、大雨があった去年の10月23日に6街区で地下水は、AP+4.96mを記録、7街区では地下水AP+5.4mを記録しました。工事が残っている真空ポンプが完成しても、AP+1.8mにコントロールすることは不可能です。

追加対策工事の、地下水コントロールに関しては、破綻していると言っていいかもしれません。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami