お知らせ

小池百合子氏、カイロへ

小池氏は、エジプトの首都のカイロに渡ってからは、カイロ·アメリカン大学で一年間、アラビア語を学び、カイロ大学文学部社会学科に入学します。カイロでは観光ガイドのアルバイトをしていたようです。

留学生仲間の証言。「金銭感覚にシビアだった」「いつも小綺麗な格好をしていて素敵でした。他の留学生とはちょっと違った。大使館や駐在のマスコミ関係者とも接点を持っていた。」

父親がカイロにやって来ると、小池氏は和服を着てアラブ人との会食の席に行く。「ゲイシャガール」と陰口を言われていたこともあったようです。

文藝春秋創刊95周年特別号、石井妙子氏の「女たちが見た小池百合子失敗の本質」をもとに構成しています。

追記、のらねこさん、マーマレードありがとうございました。スマホ羨ましいです(笑)。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami