お知らせ

小池都知事が、厚化粧の下に隠したもの

 

幼稚園、小学校の同級生は語ります。「百合ちゃんはクラスで一番可愛らしいお嬢さんでした。綺麗なお洋服で、頭におリボンを付けたり。お母様のお手製でした。」しかし、小池氏の顔には、生まれつき大きなアザがあったそうです。同級生によると、皆に好かれていた小池氏の顔のアザについて何か言う友人は一人もいませんでした。

だが、小池氏は甲南女子中学に入学すると、頬にファンデーションを塗り、アザを隠して登校するようになります。

高校二年の時には、突然、父の勇二郎が衆議院選挙に立候補して落選します。貿易の仕事が傾きはじめ、議員になって起死回生を狙った末のことでした。この落選でさらに暮らし向きは厳しくなり、家には借金取りも押しかけるようになります。

文藝春秋の創刊95周年特別号の、石井妙子氏の「女たちが見た小池百合子失敗の本質」をもとに構成しています。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami