お知らせ

エマニュエル·トッド氏の語るユーロの失敗

フランスの人類学者のトッド氏によれば、ユーロこそが諸悪の原因だと言います。

「ユーロ考案者は、単一通貨によってヨーロッパに平和で平等な世界が生まれると夢想しましたが、熾烈な経済競争により、むしろ弱肉強食の世界が生まれたのです。極右やポピュリズムは、通貨統合の産物です。単一通貨によって、人々の精神までも不安定になっているのです。

ところが、テレビや新聞では、「ユーロ以外に選択はない」「この道しかない」と吹聴されています。まさに「ユーロ全体主義」です。」

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami