お知らせ

テオドル·ベスターさんが語る築地市場の魅力

「研究者としての関心を超えて、私がこれほどに築地市場に魅力を感じるのは、何より築地市場という場所で生き続ける人々の活気ゆえだと思います。そこには市場という社会が自分たちの生や暮らしの中心にある人々で溢れています。築地市場で働く人々を知れば知るほど、築地市場という場所がどれほどユニークな場所であるかということがわかってきます。築地市場は、コミュニケーションの場です。コミュニケーションなくして築地市場は機能しないでしょう。そしてそこは、家族と企業のあいだに複雑な人間くさい繋がりがある家族企業の場でもあり、その歴史は徳川時代にまで遡ります。

そこは、古くからの社交に由来した活発なやり取りが、業者間において、また業者とお客様とのあいだで行われる場所です。それはしばしば十九世紀やそれ以前の時代を思い起こさせてくれます。またそこは、グローバルな食生活の最先端にありながらも、一般の日本人の食生活もしっかりと支えている場所でもあります。そして、この上なく素晴らしい目利きの集まる場所でもあります。ここで売買する人たちは、その対象が何であれ疑いようもなく世界でトップレベルの人々です。彼らは、いろいろな意味で日本の食文化を守るガーディアンなのです。」

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami