お知らせ

国の食料自給率

国が自国の生産物で、食料を国民に供給できるということは、国の食料安全保障政策としても非常に重要です。

魚介類は、家畜のようにエサもいらないし、獲りすぎたり、沿岸部を開発しすぎたりしなければ、海に行けばいつでもそこにあります。基本的には、自然にあるものをそのままいただくだけなので、海に囲まれた日本では、食料政策としても非常に強みになると思います。

強みなのですから、常にその産業に携わる人がいる状況をつくっておく必要があるのに、規制緩和で漁業者の数を減らしているのが現状です。非常に問題だと思います。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami