お知らせ

ともに建築をつくる喜び

東京都は、豊洲市場をつくる時、仲卸をはじめ関連団体に意見を聞くこともなく、図面すら隠して建ててしまいました。建築家の伊東豊雄さんと比べると、ずいぶんと建築に対する姿勢が違うようです。

「「みんなの家」のような、空き家を改修して小さなコミュニティスペースをつくっていくような事、それがこれからの大きなテーマになる。もう「俺はこんなもんつくったぜ」と誇らしげに競い合うような時代ではないですよ。

そこに住んでいる住民と一緒になって、考えながらつくっていく。すると、今までは建築家って勝手な人達と言われてきたのが、「俺が一緒につくったんだよ」とそういう風に変わっていく。建築の表現の問題ではなくて、プロセスや自治体との関係がこれから圧倒的に大切になってきます。」

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami