お知らせ

日本料理から日本人の音楽の好みへ

レヴィ·ストロース氏が注目した、素材を分割して並べ、美しくレイアウトする日本料理の特徴は、日本人の音楽の好みにも通低しているようです。

中沢新一先生によると、「日本の音楽は、西洋音楽とは違って和音の体系がありません。西洋音楽のようなポリフォニー(多声)ではなく単旋律で、音を混ぜずに抑揚をつけ、これはとくに三味線音楽の特徴でもありますが、感情の微妙な動きに合わせて、音色や速度の変化で表現するのです。これはいまだに日本人の音楽の好みに影響していて、日本のフォークやJ-POPも伝統音楽と同じように、抑揚を付けた単旋律の歌が基本になっています。」こういう所まで、レヴィ·ストロース氏は敏感に反応していたそうです。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami