お知らせ

リシャール·コラスさんの紹介です。

築地再開発検討会議のメンバーである、シャネルの日本法人社長のリシャール·コラスさんの日本人に向けたメッセージです。

コラスさんは、「今の日本には夢が必要だ」と言います。

「日本人は自分の文化を忘れがちです、本当に素晴らしい歴史と文化を持っている国なのだからもう少し誇りを持ってほしい。夢というのは誇りから生まれると思うんですね。こんなに素晴らしい国だから、このままじゃダメですよ。自分は、何も出来ないから人に任せっぱなしもダメですよ。今は、日本人が一人一人動いて初めて何か出てくるのでは、ないでしょうか。」

確かに、今の日本は明るい話題がないです。明るい将来も中々想像出来ません。コラスさんのおっしゃる通りに、夢を見るためには、誇りや自信が必要なのでしょう。そして誇りや自信を持つためには、その国独自の歴史や文化をよく理解することが必要なのかもしれません。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami