お知らせ

築地市場は、アイドルのオーディションのようなもの

築地市場を、天才と呼ぶ中澤誠氏の話すエピソードです。ブランド力のない地方の生産者も、築地市場を通せば築地ブランドとして、高値で取引できる。

マグロは、大間産が一番となっていますが、ある時沖縄産のマグロが一番の値段をつけた事がありました。これは、単純に大間産等のブランドだけで品物の優劣が決められるのではなく、一匹一匹品物を見てきちんと評価できる仲卸しという中間機構があるから起きたことです。築地市場があることによって、ブランド力のない地方の生産者も、いい魚がとれいい状態で築地に品物を送れば、しっかりと評価してくれ、高値がつく可能性がある。これは、生産者にとって、いい励みになっているのではないでしょうか?築地市場を守る事は、ブランド力のない地方の生産者を守る事にも繋がると思います。

追記、のらねこさん、女将さん会も宇都宮健児先生もまだまだ元気です。最期まで諦めずに一緒にがんばりましょう。

のらねこさんのメールで、素晴らしい一文があったので、紹介させて下さい。「何か問題が起きた時、どっちの味方になればいいか?それは、その問題で一番泣いている人達だと、最近気付きました。」今どき、こう考えてくれる人は、なかなかいないです。本当にありがとうございます。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami