お知らせ

本日、「築地市場の行方」シンポジウムが開催されました。

本日、「築地市場の行方」シンポジウムが開催されました。文化人類学の立場から、中沢新一先生が、グローバル化の広まる中、第一次産業の現状の厳しさ、その中で築地市場の伝統をどうして守ってゆくのか、話されました。グローバル化で各国固有の文化が壊されていく中で築地市場を守る事が、日本の文化を守る事にも繋がるという事でした。その他に、宇都宮健児氏、中澤誠氏、水谷和子氏、森山高至氏、の講演で、土壌汚染の東京都の対策について、築地移転問題の現在、小池方針とは何なのか?と多岐に渡り話されました。

今日は、会場満員での盛り上がりで、5時間があっという間でした。講演者の先生方、ご来場の方々、有り難うございました。

【参加者の感想】
このままでは 小池都知事は信用を失い、仲卸も築地を失う

明治大学駿河台キャンパスで行われた「築地市場の行方」に参加してきました。
300名弱の参加でとても熱のこもった会でした。 築地から移転などあり得ないことの思いを強くしました。
Goサインを出してしまつた公共事業計画を中止するのは大変な事、豊洲移転に関わった都の関係者の方々を皆で守り、勇気ある決断を期待したいものです。
昨年8月31日、豊洲移転延期。
今年6月20日、「築地は守る 豊洲は活かす」という都知事の信じがたい発言。
側近の総取り替えが必要なのでは。
このままでは 小池都知事は信用を失い、仲卸も築地を失う。
重い問題でしたが  会場が明治大学のキャンパスだということもあって全員での勉強会の雰囲気でおえました。
関係者の方々、ありがとうございました。(築地女将さん会・新井眞沙子)

IMG_2791.JPGIMG_2792.JPGIMG_2807.JPG

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami