お知らせ

8月26日は、築地市場シンポジウムにお越しください。

8月26日(土)は、「築地市場の行方」と題するシンポジウムを開催します。小池都知事の移転問題の方針を、徹底検証します。移転問題の現在を知る絶好の機会です。是非、ご来場お待ちしてます。

講演者、宇都宮健児さん、「小池都政の市場移転方針を徹底検証することで見えてくるもの」

    中澤誠さん、「公設卸売市場はなぜ大切かー法改正で変わる日本の食のかたち」

    森山高至さん、「食と職の街ー築地の文化を継承する意味」

    水谷和子さん、「豊洲が市場にむかない最大の理由ー小池都知事による、土壌汚染対策を検証する」

パネルディスカッション、司会、中沢新一さん、「豊かな富を育む築地を未來へつなぐために」

場所、明治大学駿河台キャンパスリバティタワー1012教室

時間、13時開場、13時30分開演18時30分迄予定です。途中、出退場自由。

入場料1000円。

主催、築地市場を次世代に引き継ぐ会と希望のまち東京をつくる会

問い合わせ、TEL03-5844-6046     FAX03-5844-6047

追記、中沢新一先生の語る、築地市場の富とは、「ヨーロッパやアメリカの市場は、1980年代から物流センターへの転換を進めていた。しかし、東京の築地市場には、効率性を超えるなにものかが保たれている事に、海外の知識人や、料理人、食のプロ達が気付きはじめた。その効率性を超えるなにものかを体現しているのが、実は仲卸しという存在であることも、しだいに気付かれだした。」だそうです。パネルディスカッション、楽しみです。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami