お知らせ

豊洲市場の仲卸しの建物。

豊洲市場の仲卸しの建物は、1階に仲卸しの店舗、4階に買い出し人の駐車スペースとなります。卸しの建物とは逆に、今度は品物を1階から4階に上げなければなりません。ここでも、ターレーを使ってスロープでの上下動となります。登り2車線、下り1車線です。1車線ずつしかない卸しの7号館よりはましですが、やはり走行車線と追い越し車線の合計4車線は安全確保のためには必要だと思います。築地市場の仕事は、時間に追われる仕事です。しかも、お客さんが出発する時間が同じになってしまう事が多いです。(例えば、ランチに間に合わせようとすれば、出発時間が近くなるのは当たり前です。)

こういう状況での下り車線が、1車線しかないというのは、大きな事故に繋がる可能性があります。市場を作る時は、品物の流れと人の流れをよく調べなければなりませんが、豊洲市場は、そこが足りてないように感じます。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami