お知らせ

築地市場を守る事は、全国の漁港を守ること。

かおたんさん、色々御足労ありがとうございました。今度の市場法改正の動きでも仲卸しをなくすためのものと思われます。大企業と産地が直接の取引となっても産地が全て儲かる訳ではないと思います。以前、愛媛県の漁港の方が言っていましたが、漁港でも規模の大きい所はいいが、小さな漁師はやっていけない、だから卸売り制度は守りたい。と言っていました。漁港といっても小さな漁師を含めて一つの漁港として成立していると思うのでこれを全体としてどう守っていくか考えなければなりません。

築地市場は、海の生態系―漁港ー卸し会社―仲卸し―消費者の間のバランスをとるシステムを持っていたはずです。このシステムを目先の利益しか考えない企業に壊されてはたまりません。市場法改正にしろ、今後の市場のあり方にしろ、このシステムをどう今の時代にあわせて守っていくのかを考えたものでなければ、日本は大きな財産を失ってしまうでしょう。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami