お知らせ

築地市場シンポジウム、本日開催しました。

本日、築地市場シンポジウム開催しました。

森山先生の軽快なトーク、中沢先生の含蓄のあるお話、兼松先生の建築に関する貴重なお話と2時間があっという間でした。3氏ともありがとうございました!!

今日、深く感銘を受けたのは築地市場、魚河岸の歴史を調べる事は日本の歴史、文化を知る上で重要な事だという事です。めでたい席で、鯛が欠かせなかったり、神社に奉納されるのもお米と鯛もあります。以外と知られていない事ですが、弥生人は半農半漁だったそうです。それと縄文文化が混じって出来たのが日本の文化です。日本の歴史は海が作ったといっても過言ではありません。農業の歴史は弥生時代から日本の文化に深く根差したものですが、漁業の歴史は古くは縄文時代からあり、これも日本の文化を語る上で欠かせないものだと思います。

築地市場の移転問題を考える上でも、経済効率やお金の問題だけで判断しないで日本の先人達が築いてきた文化や伝統に思いを馳せたいものです。

  • Category:
  • Author:tsukiji-okami

この記事へのコメント

コメントを送る

 
※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください