お知らせ

一心太助

一心太助は実在の人物ではありませんが、江戸の庶民に広く親しまれた物語です。中沢新一先生です。「ときは三代将軍家光の治世、小田原藩主の弟にして

続きを読む

漁民と刺青

中沢新一先生です。「鳶職人や火消しや漁師や交通運輸の人々の出自は、多くが川の民、海の民であると言われる。船底の板一枚隔てて荒波に接し、潜水漁

続きを読む

漁民と自然力

中沢新一先生です。「日本列島に住み着いた海民は、倭人と呼ばれた先祖いらいの、潜水の伝統を忘れてはいない。海に潜(かず)くとき、漁民の肌は海の

続きを読む

農民と漁民

中沢新一先生です。「農民と漁民のいちばん大きな違いは、自然との接し方にあらわれている。農民は田をつくり、そこで稲を育てて、米を収穫する。田に

続きを読む

江戸っ子の心意気

中沢新一先生です。「日本橋に魚河岸を開いたのは、佃島を彼らの王国とする森孫右衛門(もりまごえもん)の一族であり、その海民の心性、習俗、心意気

続きを読む